スタッフブログ

私たちのオフィスでのちょっと良いできごとや、税務、会計の豆知識、ワンポイントアドバイスなど、優経グループのスタッフが交代でお届けします。

カテゴリー: その他

勉強と実務のギャップ

2021-09-10
カテゴリー:

こんにちは

お久しぶりです。

最近は気温も下がり過ごしやすい日が続いていますね。

 

さて、今回は簿記の”勉強”と会計入力の”実務”とで、私がギャップを感じた事について紹介いたします。

 

車両などの固定資産を売却した際に入力する仕訳についてお話しします。

 

2021年3月31日(決算末日)に所有していた車両(期末簿価1,000千円)を550千円(消費税込)で売却したとします。

 

当時、私は簿記の勉強で得た知識のみの状態で下記の仕訳を入力しました。(減価償却費は割愛します)

 

現金預金 550千円          / 車両 1,000千円

売却損  450千円          /

(仮払消費税 50千円)   /

 

するとどうでしょう。

入力をチェックしてくれた先輩から間違いの指摘が…

数字打ち間違えたかな?なんて思いながら確認してみると、やっぱり合ってるのでは…?

 

教えてもらいながら正しい仕訳に修正したものが下記です。

 

現金預金  550千円          / 売却損 550千円

.                                                                    /(仮受消費税 50千円)

売却損 1,000(不課税:消費税0円) / 車両 1,000円

 

仮受消費税なのか仮払消費税なのかが変わるので、納税額が増えるか減るかが変わります。

売却損の金額を消費税の区分を変えて(不課税と課税)、わけて入力することで申告時の消費税額を正しく計算できるようにしつつ、売却損の金額も正しく保つ為にこのような仕訳になります。

 

ぉお!なるほど!となる瞬間は気持ち良いですね。(理解まで時間はかかりましたが、、、)

 

スキルアップも兼ね2022年の試験に向けて消費税も勉強していきます。

 

コロナもなかなか落ち着きませんが、体調を崩さないようご自愛下さい。

それではまた

東京都の新型コロナウイルス感染拡大防止協力金について

2020-09-25
カテゴリー:

こんにちは。

9月に入り、徐々に気温が下がって過ごしやすい日が増えてきましたね。

まだまだコロナウイルスの終息にも時間が掛りそうですので、体調を崩さないようご自愛ください。

 

今回は東京都の新型コロナウイルス感染拡大防止協力金についてお話します。

 

東京都感染拡大防止協力金の第三弾(営業時間短縮要請期間8月3日~8月31日)の協力金の申請期間が9月30日迄となっております

該当の事業者様は申請漏れのないようご注意ください。

 

協力金支給額は20万円です。

 

申請要件は主に下記の項目に該当する事業者様です。

①東京都内に店舗又は従たる店舗を有していて大企業が実質的に経営に参画していない法人等。

②中小企業や個人事業主、特定非営利活動法人・一般財団法人・一般社団法人・中小企業者又は小規模企業者(いずれも従業員数が中小企業と同規模)のいずれかに該当。

③8月3日以前から酒類を提供している飲食店、カラオケ店で必要な許可を得て運営を行っている。

④8月3日~8月31日の全期間で夜間帯(夜22時~朝5時)の間に営業していた酒類を提供する飲食店で、営業時間を朝5時~夜22時までの時間に短縮。又は終日酒類の提供を行わなかった。

カラオケ店は夜間帯に営業していた事業者が、営業時間を朝5時~夜22時までの時間に短縮。

⑤ガイドラインを守り、感染防止徹底宣言ステッカーを店舗に掲示。

 

該当要件のみ簡単に記載させて頂きました。

申請はオンライン、郵送、持ち込みで行えます。

詳しくはホームページをご覧ください。

8月の営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金のご案内HP

https://jitan.metro.tokyo.lg.jp/

 

また、第4弾(営業時間短縮要請期間9月1日~9月15日)の申請については、今のところ10月1日~10月30日の間で受付予定のようです。

東京都HP

https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/09/11/11.html

 

申請期間が短いので、申請漏れのないようご注意ください。

税理士試験リベンジ!

2017-09-19
カテゴリー:

こんにちは。

この3連休は台風の影響で大荒れでしたね。。。皆さんは有意義な3連休を過ごせましたでしょうか。

さて、1か月以上たってしまいましたが…
今年も税理士試験を受験してきました!

去年もこのブログで受験について書きましたが、残念ながら合格とはいきませんでした。

ちなみに、私が去年受験した財務諸表論の合格率がこちらです。

28年度財務諸表論
受験者数 11,420人
合格者数  1,749人
合格率  15.3%

と、多少例年よりも低い合格率でしたが、不合格だったという事実にかわりはありません。

去年15.3%に入ることができなかった悔しさをバネに、今年は去年以上に学習をし、苦手だった理論もある程度対応できるようになりました。

「絶対に受かってやるぞ!!」

というみなぎる闘志を胸に受験地に降り立ちます!!

今回で税理士試験の受験は3回目です。受験地の独特の雰囲気にも慣れている…
………はずだったのですが、

…緊張で頭が真っ白になりました。。。

試験前に理論のチェックをしようにも、全く集中できず、あっという間に財務諸表論の試験時間となってしまいました。
どうやら、

「絶対に受かってやるぞ!!」

という気持ちが、自身に想像以上のプレッシャーをかけていたようです

過去2回はこのような症状は起きなかったので、完全に誤算でした。。。

試験は毎度の事ですがあっという間に終了し、各専門学校が発表する解答速報を待つことになります。

私も緊張した中で100%の力を出しましたが、本調子の100%とはまるで違いましたね(それが本試験の醍醐味ですが。。)。

半分諦めムードで各解答速報を見たところ、

ボーダーの8~10点下(理論の記述問題は採点が予想できないため0点計算)でした。

………………

…………あれ、

……もしかしたら受かってるんじゃ…?

…合格発表は12月、もどかしい事この上ないです。。。

それでは。

最新の記事